首のイボを自分で取る方法まとめ!ハサミや線香は絶対にダメ!

首イボを自分で取る為の方法が色々とあります。

自分で取る時に気になるのは

  • 本当に効果があるのか?
  • 安全性は高いのか?
  • デメリットは大きくないか?

自分でイボを取りたいのはわかるんですが、これらをちゃんと満たしてないと危ないです。

それなので、色々とあるイボ取り方法でポイントをチェックしていきます。

首イボを自分で取る方法

首のイボを自分で取る方法をまとめました。

この方法で取ろうとされている方や、調べられている方が多いようです。

  • ハサミで切る
  • 線香で焼く
  • 民間療法で取る
  • ハトムギスキンケアを使う
  • イボ除去クリームを使う

それぞれの解説をやっていきます。

ハサミで首イボを取る

ハサミでちょきんとイボを切ってしまうやり方です。
ほとんどデメリットなのでおすすめできません。

【効果】
実際にイボ自体は切れます。

しかし根本から切る事は出来ないので、イボ根本のざらざらが残ってしまうでしょう。

【安全性】
切る前に殺菌をちゃんとして、切った後にもちゃんとケアを出来ればいいんですが、

上手く出来ないと化膿したり、他の病気に感染する可能性もあります。

【デメリット】
めちゃくちゃ痛いし出血処理が大変。

線香で首イボを焼き取る

線香の燃えている所でイボを焼きます。

イボは神経が残っているので痛いし熱いです。イボの数が多いとそれだけ苦痛を感じます。

根性焼きのように皮膚に焼き後が残ってしまうので、絶対に線香でイボを焼くのはやらないでください。

市販薬・民間療法で首イボを取る

「木酢液」「イソジン」「イソジン」を塗って取るという民間療法もあります。

時間の無駄なのでやらなくていいです。

【効果】
科学的根拠がなく、「殺菌力」があるということだけで選ばれています。効果は無いんでやるだけ無駄です。

【安全性】
木酢液には発がん性物質があるので、やればやるほど危険です。

【デメリット】
効かないし安全性も微妙なので、すべてがデメリットですね。

首イボが除去できる市販薬はあるの?薬の口コミからおすすめを紹介
自宅で簡単にイボを除去したい! そんな自宅ケアの時に真っ先に思いつくのが、「イボが取れる市販薬は無いのか?」ですよね。 正直イボ取りの市販薬は効かないモノも多くて、数ヶ月塗り続けたけど何の変化も無い!という口コミも多いです。 ...

ハトムギスキンケアで首イボを取る

ハトムギ(ヨクイニン)配合の、スキンケア(化粧水・クリームなど)を使用する方法です。

【効果】
ハトムギエキスの中には「ヨクイニン」というイボに効果的な成分が含まれています。

使い続けていくうちに肌のターンオーバーが整い、イボが減っていく可能性があります。

【安全性】
スキンケアとして販売されている商品なので安全です。

【デメリット】
ハトムギ配合のスキンケアは、有効成分ヨクイニンの配合量が少ないです。

理由はイボメインとしてじゃなくて、スキンケア目的でヨクイニンを配合されているからです。

それなので全然イボが減らないケースが多いです。

首イボにヨクイニン(ハトムギ)が効果的な理由とおすすめ商品
イボケア成分として一番有名なものがヨクイニンです。 日本では薬用として栽培されていているほど、漢方としての有用性が認められており、 老人性イボの原因となる、肌ターンオーバーの改善を助け、イボをケアしていくとされています。 ...

専用イボ除去クリームで首イボを取る

大切なのは「市販のイボケア商品」ではなくて、専用のイボ除去クリームです。

市販のイボケア商品も有効成分が少ないので効果がほぼみられません。

【効果】
イボケア専用として作られているので、イボをケアする為に必要な成分を必要な量配合されています。

その為塗っていくうちに、イボがポロリと取れてつやつや肌になっていきます。

【安全性】
専用クリームとはいっても、高品質のスキンケアクリームです。

安心して使っていけます。

【デメリット】
市販のイボケア製品は1000〜1500円ほどですが、専門イボ除去クリームは2000〜3000円とちょっと高いです。

有効成分が多くちゃんと実感出来るので、安くて効かない商品を使うよりは絶対にいいです!

イボ除去クリームのランキングをみてみる

首のイボを自分で取るのにベストなのはこれ!

首イボを自分で取る方法の一覧表を作りました。

取る方法効果安全性デメリット
ハサミ多い
線香痛いし
後が残る
市販薬無駄に時間が過ぎる
ハトムギスキンケア有効成分が少なく
ほぼ取れない
イボケアクリーム値段が少し高い

トータル的に考えても、専用イボ除去クリームを使うのがベストということになりました。

しかし、専用イボ除去クリームは、値段が少し高く2000〜3000円してしまいます。

イボ除去クリーム以外には自分でイボを取る方法はありません。

それ以外には手術して取ることになります、病院の手術で5mm×5mmのイボ1個取るのに5000円かかります。

首イボのレーザー治療の流れと費用やデメリット
首イボを病院で治療方法の中で一番一般的なのが「レーザー除去」です。 首イボを1時間で除去出来て日帰り手術も可能で人気の除去方法で、早く終るのはかなり大きいメリットですが、気になるのは「痛み」と「費用」ですよね。 今回は首...

それを考えたら専用イボ除去クリームは、痛みも無いしすべてのイボに有効なので、総合的なコスパはよくなっていきます。

専用イボ除去クリームも色々と種類があり、失敗しない為の選び方をこちらで解説しているので、気になった人はチェックしてみてください。

イボ除去クリームのランキングをみてみる