「首イボが除去できる」と口コミの市販薬が本当に効くのか調べてみた

自宅ケアの時に真っ先に思いつくのが、「イボが取れる市販薬は無いのか?」ですよね。

正直イボ除去の市販薬は効かないモノも多くて、数ヶ月塗り続けたけど何の変化も無い!という口コミも多いです。

ここでは、「首イボ除去に良い」と言われている市販薬が、実際の口コミでどんな評価をされているのか、客観的にチェック出来るようにしていきます。

首イボにも種類があり「老人性イボ」を対象とした口コミを調べていくので、ウイルス性イボの方はこちらをチェックしてください。

首と顔のウイルス性イボの原因と治し方
顔や首に出来たウイルス性イボの原因と、治し方について解説していきます。 肌色〜茶色のぶつぶつが多い「老人性イボ」の場合の原因は別の記事に書いていますので、そちらをチェックしてください。 首と顔のウイルス性イボの原因 ...

有名なイボ除去市販薬イボコロリは使えない

イボコロリという市販のイボケア商品があります。ロングセラー商品で「イボ除去=イボコロリ」というくらい有名です。

イボコロリの注意書きをみてみましょう。

「首などの皮膚のやわらかい部分」には使用しないでください。と書かれています。

イボコロリは角質(肌表面)を取り去る強力な市販薬なので、皮膚が薄い所で使うと健康な皮膚までも取り去り、ひどい肌荒れを起こしてしまう可能性があります。

イボコロリのパッケージにも書かれているように、足の裏など分厚い皮膚のイボの除去に有効な商品で、顔や首などには使ってはダメなんです。

イボコロリの効果と首や顔イボに使ってはダメな理由
イボケア商品として人気の「イボコロリ」は首イボに効果があるのでしょうか? 残念ながら首イボにイボコロリは使えません。 「塗る・貼るタイプのイボコロリ」を、皮膚が薄い首に使用すると、皮膚を剥がしすぎて肌が荒れてしまいます。...

薬局の市販薬で首イボ除去出来るのか口コミをチェック

薬局の市販薬で首イボは除去出来るのか調べてみました。

「首イボが除去出来た!」と言われている商品の成分をみると、何が効いたのかわからないものがほとんどでした。

偶然治ったような民間療法が多かったです。

クラシエ紫雲膏

クラシエ紫雲膏は漢方の軟膏(なんこう)です。

【効能】ひび、あかぎれ、しもやけ、魚の目、あせも、ただれ、外傷、火傷(やけど)、痔核による疼痛、肛門裂傷、湿疹・皮膚炎

効能には「魚の目」はありますが首イボはありません。魚の目とイボはできる原因が違うので効果を感じることは出来ないでしょう。

クラシエ紫雲膏が首イボに効かない理由
クラシエから販売されている「紫雲膏」が首イボに効くと口コミされています。 そこで紫雲膏の成分と効果を調べてみると、実際はなぜ首イボに効くのかわかりませんでした、たまたま首イボが取れただけだと思います。 そして取れ...

木酢液(もくさくえき)

木酢液は「炭」を作る時に出てくる副産物で、基本的に害虫駆除や虫よけに使う商品です。

弱酸性でアルコール類、ホルムアルデヒド、ベンゾピレンなど毒性の強い物質が含まれています。

発がん性物質が含まれているので、毒素を身体に塗るようなものなのでやめましょう。

首イボに使いたい人に向けて、発がん性物質を除去した木酢液も販売されています。

木酢液でイボを取る時の注意点と使い方
木酢液でイボを取るという口コミがあります。 木酢液で取れるイボと取れないイボがあり、木酢液も発ガン性物質が入っているタイプもあるので、注意する点があります。 木酢液の注意点から使い方まで解説していきます。 茶色の木酢液...

リンゴ酢

木酢液は発がん性物質で健康に悪いという話が広まり、同じ酸性で体に優しいと、リンゴ酸が使われ始めました。

しかし、こちらも民間療法でイボに有効な成分は入っていません。

リンゴ酢でイボを取る方法と注意したい事
リンゴ酢でイボを取る方法があります。 手軽に自宅ではじめやすい方法なんですが、やる前に知っておきたいメリット・デメリットがあります。 使い方を間違うと悪化する可能性があるので、そのあたりの注意点をまとめていきます。 リ...

イソジン軟膏

 

イソジンは殺菌力が有名ですよね、うがいのイソジンではなくて、塗る軟膏タイプのイソジンです。

うがいのイソジンが殺菌力が高いので、軟膏も殺菌力が高くイボが取れると思って、使う方が居るのですが、老人性イボに効果はありません

イソジン軟膏は首イボ取りに効かない理由
イソジン軟膏で首イボが取れたという口コミがありますが、実は取れません。 首イボの多くは「老人性イボ」と呼ばれるものなのですが、老人性イボにいくらイソジン軟膏を塗っても取れないんです。 「ウイルス性」の場合は取れるかもしれない、と...

オロナイン軟膏

【効果】にきび、吹出物、はたけ、やけど(かるいもの)、ひび、しもやけ、あかぎれ、きず水虫(じゅくじゅくしていないもの)たむし、いんきん、しらくも

効果をみてみるとわかるんですが、オロナインはイボには効果がありません。

かなり古い情報ですが、「いぼ痔に効く」とされてて、それが変に伝わって「イボに効く」と広まってしまっているようです。

オロナインH軟膏を使っても首イボが取れない理由
オロナイン軟膏を使って首イボが取れたという口コミがありますが、実はオロナイン軟膏で首イボは取れません。 オロナインでイボが取れるという情報のイボは、もともと「いぼ痔」から始まっています。 いぼ痔と首イボは全く別物なので効...

尿素

尿素はウイルス性イボに有効とされています。条件は1日2回十分量を塗れば9割は治癒が可能とされています。

  • 扁平疣贅で4カ月
  • 尖形コンジローマで2~3カ月
  • 尋常性疣贅で8ヶ月

参考:日経メディカル

尖形コンジローマは性病なんですが、そんな治るまでに数ヶ月も待てませんよね。

尿素の効果と副作用!有効なイボと効かないイボの違い
尿素はよくハンドクリームに含まれている成分で、肌を柔らかくするという事は有名ですね。 その「尿素が首イボに効く」という口コミがあるのですが、首イボの種類によっては効かないものもあります。 尿素の効果と使用時の注意点、そし...

首イボ除去に効果的な「ヨクイニン」と「杏子エキス」

首イボの除去に効果的な成分が「ヨクイニン」と「杏子エキス」で、これらの成分が老人性イボを原因から解消してくれます。

わざわざ市販薬を使わなくても、効果を実感することは可能なんです。

ヨクイニンは古くから、薬用として栽培され、イボ除去に有効な成分として愛用されてきた実績があります。

ヨクイニン(ハトムギ)の首イボへの効果とおすすめ商品ランキング
イボケア成分として一番有名なものがヨクイニンです。 日本では薬用として栽培されていているほど、漢方としての有用性が認められており、老人性イボの原因となる、肌ターンオーバーの改善を助け、イボをケアしていきます。 老人性イボに効果的...

杏子エキスは、パルミトレイン酸をはじめとしたオイルが多く含まれており、それらオイルが肌代謝の改善、角質ケアに役立ちます。

杏仁オイル(アプリコットオイル)のイボへの効果と使い方
杏仁オイルは美容効果も高いんですが、老人性の首イボの除去に効果的と言われています。 杏仁オイルのどういう作用が、首イボの除去に良いのか、どれくらいの期間塗り続ける必要があるのか、そして副作用がないのか、ということをまとめていき...

 

首イボに有効な市販のイボ除去クリーム

イボに有効な成分がふんだんに含まれていて、使っていくことで老人性イボのケアが可能な「イボ除去クリーム」があります。

イボ除去クリームの中でも、色々な種類がありますが、その中でおすすめなのが「艶つや習慣プラス」です。

おすすめの理由は、有効成分がふんだんに配合されていて、実際に使った人の口コミ評判も高いのですが、販売実績がイボ除去クリームの中でダントツで多いからです。

それなのに他の商品よりコスパがいいので気軽に試しやすいのがポイントですね。

詳しくはこちらをチェックしてみてください。

艶つや習慣プラスの口コミ評判と成分効果をチェック

それ以外のイボ除去クリームのランキングもあるので、自分で比較してみたい人はこちらからどうぞ。

【2018年版】市販の首イボ除去クリームの失敗しない選び方
病院へ行くのは面倒で、自宅で首イボを治したい! そう思っている人に、おすすめなのが自宅ケアが可能な「市販薬とイボ除去クリーム」です。 イボケア製品は数多く販売されていて、選ぶのが大変ですし、間違った商品を選んでしまうと「全然効か...