首のぶつぶつできものの種類と原因と治し方

首にできるぶつぶつには何個か種類があり、それぞれの特徴と治し方を紹介していきます。

首のぶつぶつの9割以上は、「イボ」で自宅ケアが可能です。

首のぶつぶつの原因と特徴

首のぶつぶつの特徴で原因がだいたいわかります。

白いぶつぶつは「ニキビ」

白いぶつぶつはニキビです。

原因は、汗と、汗から来る冷え(血行不良)や、髪の毛などが当たったりして、清潔に保てないことによるものです。

対策方法は、肌を清潔に保つように、汗をかいたらこまめに拭いたり、ニキビ予防石鹸とクリームによるケアが一番です。

赤いぶつぶつは「毛のう炎」

ニキビっぽいけど、白い所が少なく赤い、それは毛のう炎です。

毛穴の中で、皮脂が詰まり、内部で細菌などが繁殖し炎症が起こり、小さいニキビを引き起こしています。

この細菌は誰にもある菌で、体調不良や、ホルモンバランスの乱れによって、身体の免疫が低下した時に、炎症が起こるようになります。

対策は、皮脂がつまらないようにしっかりと洗い、専用の細菌を減らす薬を塗るのが効果的です。

茶色〜黒いぶつぶつは「老人性のイボ」

茶色から黒っぽくて小さいぶつぶつは、老人性イボです。

肌代謝が悪くなり、角質が除去されず残り、それがイボとなる現象です。

首のぶつぶつの9割以上がこの老人性イボなんです。

老人性と言われていますが、20代でも出てくることもある症状で、簡単な自宅ケアによって対処可能です。

首のぶつぶつ老人性イボの詳しい原因

イボの原因は皮膚に残った角質

老人性イボの原因は、肌ターンオーバーが乱れ、正常に角質を代謝出来なくなり、肌に溜まった角質が盛り上がり「イボ」となっていきます。

紫外線を多く浴びる人なら、イボにメラニンが含まれるので、黒く色が変化していきます。

加齢によって出来るイボなので「老人性イボ」と呼ばれていますが、20歳前後の人でも出来ることがあります。

改善の為には「肌のターンオーバー周期を正常化」と、「角質ケア」が大切になっていきます。

かゆい首イボの原因は乾燥

かゆみを感じるイボの場合は、ターンオーバーの乱れと同時に乾燥肌も入ってきます。

乾燥しているのでかゆみがでてしまい、お風呂上がりなど潤っている状態の時にはかゆみを感じずらいかなと思います。

かゆみを感じるイボの場合は、特に保湿ケアが大切になっていきます。

自宅で首のぶつぶつイボを治す方法

小さい段階のイボなら自宅でも治すことが可能です。

イボ改善の3つのポイント

自宅でイボを改善する時に欠かせない3つのポイントがあります。

  • ターンオーバー正常化
  • 角質ケア
  • 保湿ケア

ターンオーバー正常化

肌のターンオーバーの正常化には、ヨクイニンと杏子エキスが有効です。

この2つの成分は、肌ターンオーバーの正常化、肌保湿、角質ケア、肌を柔らかく、といった作用があり、イボケアに有効な成分とされています。

それぞれ単品で使うより、2つを合わせて使うのがおすすめです。

ヨクイニンの効果についてです。

ヨクイニン(ハトムギ)の首イボへの効果とおすすめ商品ランキング
イボケア成分として一番有名なものがヨクイニンです。 日本では薬用として栽培されていているほど、漢方としての有用性が認められており、老人性イボの原因となる、肌ターンオーバーの改善を助け、イボをケアしていきます。 老人性イボに効果的...

杏仁オイルの効果についてです。

杏仁オイル(アプリコットオイル)のイボへの効果と使い方
杏仁オイルは美容効果も高いんですが、老人性の首イボの除去に効果的と言われています。 杏仁オイルのどういう作用が、首イボの除去に良いのか、どれくらいの期間塗り続ける必要があるのか、そして副作用がないのか、ということをまとめていき...

角質ケア

角質が集まり「イボ」となっているので、角質ケアも大切です。

ピーリングで角質を除去していくというよりも、余分となった角質が代謝されていくように、していくのがポイントです。

ピーリングでの角質除去もいいんですが、ピーリングした時だけしか除去できないので、根本的に改善していくことで、次のイボができにくくするのがポイントです。

肌の保湿

肌の乾燥していると、角質が固いので代謝によって、剥がれ落ちづらくなってしまいます。

しっかりと角質まで保湿してあげて、角質を柔らかくし、イボケア成分が浸透しやすくなっていきます。

保湿はイボに直接働きかけるというよりも、強力なサポートとしてのチカラがあります。

最適なのはイボ除去クリーム

「ターンオーバー正常化」「角質ケア」「保湿ケア」が必要です。

それぞれをスキンケアでやろうとするのはちょっと面倒ですし、それぞれのスキンケアがイボケアの必要条件を満たしているのか、チェックするのに時間がかかります。

この3つが1つになっていて、イボケア専用の「イボ除去クリーム」は、毎日塗るだけで早い人なら2週間ほどでつるつる肌に戻ります。

イボの自宅ケア方法の中で、なぜイボ除去クリームがおすすめなのかはこちらで解説しています。

首イボの自宅ケアでイボ除去クリームをすすめる理由
このサイトでは老人性の首イボを自宅で取る方法の中で、イボ除去クリームをおすすめしています。 それは適当に勧めている訳ではなくて、色々とある自宅ケア方法の中で、楽ちんで安全に取りやすいのがイボ除去クリームだからです。 その理由を書...

そして、適当にイボ除去クリームを選んだら「効かない」ことが多く、失敗しない為の選び方をこちらで解説しています。

イボ除去クリームのランキングをみてみる

首のぶつぶつを増やさない為の予防方法

病院でイボを除去したとしても、首イボが出来た原因が解消されていないので、再度イボができてしまう可能性は高いです。

イボが出来ないようにする予防方法をまとめてみました。

紫外線対策

紫外線による肌への「刺激」が、ターンオーバーの乱れを引き起こしてしまいます。

太陽が当たるような部分にイボが出来ている人は、UVケアをしっかりとしていきましょう。

UVクリームはSPF50がUVカット率が高いんですが、その分肌への影響もあるので、外出が少ない人はSPF数値が低いものを使いましょう。

UVクリーム以外では、UVカットの帽子、マフラーや、羽織るだけでOKの薄いUVカットパーカーがあるので、

自分にあったものを使ってみてください。

擦れ・摩擦に注意(ナイロン製下着・服NG)

摩擦による「刺激」もターンオーバーを乱れさせます。

下着や服がよく擦れる部分にイボができやすい人は、この摩擦の影響が大きいでしょう。

ナイロン製生地は肌へ刺激を与えやすいので、できるだけ減らしていくようにしていくのがいいでしょう。

ナイロン製のボディータオルNG

お風呂でナイロン製のボディータオルでゴシゴシ洗っていませんか?

ナイロン製でさらにゴシゴシとダブルの刺激によって、肌に強い刺激を与えてイボの原因となっている可能性があります。

出来れば手で身体を洗うようにするか、綿などの肌に優しいボディータオルに変更していきましょう。

まとめ

首のぶつぶつは原因を知り、適切な対策をする事でキレイになっていきます。

放置しても身体に悪い影響はありませんが、ぶつぶつが大きくなったり、増えたりしてしまい、治すのに時間がかかってしまうケースもあります。

それなので、気になっている今の小さいうちに、治し始めるのがおすすめです。

イボ除去クリームのランキングをみてみる