顔イボに効く市販薬と自宅ケア方法!イボコロリの使用はNG

顔イボを自宅ケアする為の、市販薬選び方と、使えるイボの種類についての解説です。

ちゃんと合った物を使わないと、顔イボが取れなかったり、下手すると肌荒れへと繋がるので注意してください。

塗り薬が使える顔イボの種類

ウイルス性イボに塗り薬は有効

ウイルス性イボの特徴は、硬かったり、カサカサしてたり、数個と数が少ないです。

ウイルス性イボの原因は、ヒトパピローマウイルスが皮膚の傷口から入り込み、細胞に感染し「イボ」となります。

原因が「ウイルス」なので、塗り薬によって殺菌し解消させていくことが可能です。

イボ用塗り薬の市販薬と皮膚科治療薬の効果の違い
イボ用の塗り薬は、薬局などで販売されている「市販薬」と、病院で処方してもらう「治療薬」の2種類があります。 その市販薬と治療薬の違いと、塗り薬を使っても大丈夫なイボなのかを解説していきます。 塗り薬が「使えるイボ」と「使えな...

目の周りのイボには薬は使用できない

目の周りは、塗り薬が間違って目の粘膜に入ってしまう可能性があります、それなので目の周りには使用できない薬が多いです。

老人性イボに塗り薬は効果が無い

老人性イボの特徴は、肌色〜茶色のぶつぶつとした小さいイボが、多く発生します。

老人性イボは、肌ターンオーバーが乱れ、除去されるハズの角質が肌に残り、角質が集まり盛り上がって「イボ」となります。

年齢を重ねた人にできやすいイボなので「老人性イボ」と呼ばれています。

原因が「肌ターンオーバーの乱れ」なので、塗り薬を塗っても効果がありません。

首にぶつぶつイボができる5つの原因と自宅で出来る対策方法
首のぶつぶつとしたイボの原因は大きく1つで、それを引き起こす原因がさらに4つあります。 首イボの原因を知る事で、対策しツルツルな首元にしていくことが可能なんです。 まずは首イボの原因を知りベストな対策方法を見つけていきましょう。...

顔イボを市販薬で自宅ケアする方法

塗るイボコロリは顔には使えない

イボを取る市販薬で一番よく使われている「イボコロリ」があります。

有効成分「サリチル酸」によって、イボを軟化させ剥離させ、イボを除去していく商品です。

無理やり皮膚を剥がすので、皮膚が薄い顔や首には使用できません。使用すると肌荒れを起こしてしまいます。

これはイボコロリの注意書きです。

イボコロリの効果と首や顔イボに使ってはダメな理由
イボケア商品として人気の「イボコロリ」は首イボに効果があるのでしょうか? 残念ながら首イボにイボコロリは使えません。 「塗る・貼るタイプのイボコロリ」を、皮膚が薄い首に使用すると、皮膚を剥がしすぎて肌が荒れてしまいます。...

イボコロリ内服錠(ヨクイニン錠)

イボコロリ内服錠という、有効成分「ヨクイニン」を配合した商品があり、これは首や顔などのイボの為に作られた商品です。

ヨクイニン錠が有効なのは、ウイルス性イボのみで、老人性イボには効き目がみられません

口からヨクイニンを摂取しても、それが老人性イボの原因である、肌ターンオーバーの正常化に100%役立てる訳じゃないからです。老人性イボには直接塗るのが効果的です。

ヨクイニン(ハトムギ)の首イボへの効果とおすすめ商品ランキング
イボケア成分として一番有名なものがヨクイニンです。 日本では薬用として栽培されていているほど、漢方としての有用性が認められており、老人性イボの原因となる、肌ターンオーバーの改善を助け、イボをケアしていきます。 老人性イボに効果的...

イボ除去クリーム

イボ除去クリームは、顔や首に老人性イボがある人の為に作られた商品です。

「肌ターンオーバー正常化」「角質除去(ケア)」「肌をなめらかに」「肌保湿」といった作用がある有効成分を使用されています。

スキンケア製品として作られているので、肌がデリケートな顔や首に使っても問題なく、安心してケアしていくことができます。

老人性イボの原因から解消していくものなので、即効性が無くじわじわと実感していくので、早い人で2週間、遅い人で3ヶ月かかってしまうのがデメリットです。

色々なイボ除去クリームがあるのですが、しっかり有効成分を配合している商品を選ばないと、効き目を感じられません。失敗しないように選び方を書きました。

首イボケアクリームの失敗しない選び方

顔イボの病院での治療方法

顔イボの病院での治療方法についてです。

治療は整形外科ではなく皮膚科

病院では「美容外科」と「皮膚科」両方どちらでも顔イボの治療が可能です。

美容外科は「治療後のキレイさ」までを考えるので、治療中にやることが多くて高額になってしまいます。

皮膚科はキレイに出来ないのか?と思いますが、最近の治療技術が上がっているので、手術後が美容外科レベルでキレイになります。それなので治療は皮膚科でOKです。

ウイルス性イボは液体窒素

ウイルス性イボには液体窒素による治療がおすすめです。

液体窒素でウイルスごと凍らせての除去なので、ウイルス感染を拡大させずに除去が可能なんです。

保険適用されるので、1イボ1000円前後で治療できます。

イボの個数×1000円でだいたいの費用がわかります。

デメリットは治療箇所の周りが、茶色く色素沈着してしまい治りづらいです。

気になる人は美白治療で色素沈着を消す必要があります。

首イボを液体窒素で治療する時の回数・費用・デメリットまとめ
気になる首イボの病院での除去方法の一つが「液体窒素」を使った方法です。 液体窒素による治療は、保険適用されているので、病院でおすすめされやすい方法です。 その首イボの液体窒素治療の時の、回数、費用、デメリットを解説していきます。...

老人性イボはレーザー治療

老人性イボにはレーザー治療がおすすめです。

Co2レーザーによってイボを削っていき、跡が残らないように周りの皮膚も一緒に削るので、仕上がりがキレイに目立たなくなりやすいです。

保険適用外の治療となるので、1イボ5000円前後と高額になってしまい、トータルでは10〜20万くらいになるケースもあります。

デメリットは、強い痛みと手術後2週間〜1ヶ月は、かさぶたとなり目立ってしまうことです。

首イボのレーザー治療の流れと費用やデメリット
首イボを病院で治療方法の中で一番一般的なのが「レーザー除去」です。 首イボを1時間で除去出来て日帰り手術も可能で人気の除去方法で、早く終るのはかなり大きいメリットですが、気になるのは「痛み」と「費用」ですよね。 今回は首...

まとめ

顔イボの自宅ケアは、まずイボが「ウイルス性」なのか「老人性」なのかチェックしましょう。

ウイルス性イボの場合は、ヨクイニン錠を飲んで治していきましょう。

老人性イボの場合は、イボ除去クリームを使っていくのがおすすめです。

首イボケアクリームの失敗しない選び方