杏仁オイル(アプリコットオイル)のイボへの効果と使い方

杏仁オイルは美容効果も高いんですが、老人性の首イボの除去に効果的と言われています。

杏仁オイルのどういう作用が、首イボの除去に良いのか、どれくらいの期間塗り続ける必要があるのか、そして副作用がないのか、ということをまとめていきます。

杏仁(きょうにん)オイルとは?

杏仁は「あんにん」じゃなくて、「きょうにん」と読みます、そしてアプリコットオイルとも呼ばれます。

杏子(あんず)の種から抽出されたオイルのことで、若々しい肌の為に必要とされているパルミトレイン酸が多く含まれています。

それ以外にも、オレイン酸、リノール酸、ステアリン酸、パルミチン酸が含まれています。

杏仁オイルに含まれる成分と美容効果

まずは杏仁オイルに含まれている成分と、その美容効果についてです。

パルミトレイン酸

肌の潤いを保つ成分で、不足すると肌が乾燥しやすくなり、しわやたるみのトラブルが増え、肌の老化が進みます。

加齢とともに肌の含有量も減ってしまいます。

オレイン酸

オリーブオイルに多く含まれている成分で、肌に潤いを与えてくれ整えてくれます。

リノール酸

保湿や抗炎症作用、そして角質の水分保持となめらかくする作用と、美白作用があります。

酸化しやすいので、抗酸化作用があるものと一緒に摂るのがいいでしょう。(杏子オイルとしてならこの抗酸化作用があるので大丈夫です)

ステアリン酸

ステアリン酸は抗酸化作用があり、保湿作用と、抗菌作用があります。

肌荒れ防止として使われているのが多いですね。

パルミチン酸

パルミチン酸は肌代謝の正常化と、しみ予防と美白作用があります。

杏仁オイルの首イボへどう作用するのか

杏仁オイルに含まれている成分が、どうイボへ作用するのか解説していきます。

ターンオーバーの正常化と角質ケアで老人性イボへ作用

老人性イボの原因は、肌ターンオーバーの乱れです。

杏仁オイルには「肌ターンオーバーの正常化」と「角質ケア」によって、イボケアが可能となっています。

肌の炎症を整え、保湿することで肌ターンオーバーを整えていき、角質を保湿で柔らかくし(角質ケア)角質をためずに、落としやすくしていきます。

老人性イボの改善に必要な成分があつまった成分なんです。

ウイルス性イボへは効かない

ウイルス性イボの原因は「ウイルス」です。

ウイルス(細菌)はいくら肌をキレイにしても、殺菌はできません、それなのでウイルス性イボへの効果は期待できません。

(免疫力が高まりウイルスに勝てる人もたまにいます)

杏仁オイルで老人性イボが取れる期間は早いと数日長いと4ヶ月

杏仁オイルを使い、肌ターンオーバーが正常化するまでに時間がかかります。

そのその期間は早い人だと数日でポロリと取れてきて、年齢を重ねている人だと4ヶ月かかったりしていきます。

体の生まれ変わり周期で考えると、平均的に3ヶ月は使用し続ける気持ちでいましょう

杏仁オイルの副作用は無い

杏仁オイルの副作用は「塗る」「飲む」どちらも報告されていません。

それなので安心してしようする事ができます。

杏仁オイルの効果的な使い方

お風呂上がりと朝の2回塗る

お風呂上がりは肌と角質に水分が含まれているので、(化粧水を塗ってもOK)、そのタイミングで杏仁オイルを塗ると浸透しやすくなります。杏仁オイルは水分と馴染みやすいからです。

朝洗顔して化粧水を塗ったあとに杏仁オイルを塗ります。出かける場合だとテカテカしちゃうので、気持ち少なめに塗って調整していきましょう。

マッサージをしてなじませる?

夜塗る時にマッサージするように、杏仁オイルを肌に馴染ませていくといいと言われていますが、これは面倒ならやらなくてもOKです。

時間がある時にはテレビをみながら、ゆっくりと馴染ませてもいいんですが、忙しい人はお風呂上がりに塗るだけで十分浸透します。

まとめ イボに特化した杏仁オイルがおすすめの

杏仁オイルはイボケアに嬉しい作用がいっぱいの成分です。

それなので杏仁オイルだけを使っていくのも良いんですが、ちょっとでも早くイボを取りたい人は、イボケアに特化し杏仁オイルが含まれた「イボ除去クリーム」もあります。

杏仁オイルだけでなく、他にも有効成分が多く含まれているので、早く確実に取れるというのがおすすめしたいポイントですね。