イボコロリは首イボに効果がある?使っても大丈夫なの?

イボケア商品として人気の「イボコロリ」は、どういう効果でイボが取れるのか?

そしてイボコロリは首イボに効果があるのでしょうか?

簡単にまとめると、塗る・貼るタイプのイボコロリは顔や首に使用出来ません。首イボ用にイボコロリ内服錠がありますが、これはウイルス性イボに有効老人性イボには不向きな商品となっています。

具体的な解説をしていきたいと思います。

イボコロリとは?

薬局でイボを取る薬をくださいと言えば、イボコロリが出てくるほどイボ界では有名な商品です。

製造されている横山製薬さんも、イボコロリシリーズを作られていて、イボに特化されている製薬会社です。

それだけ特化されているので、製品力も高くしっかりとイボを取ってくれます。

サリチル酸による作用でイボが取れる

イボコロリでイボが取れる仕組みは。

サリチル酸という角質を溶かす薬が使われていて、浸透した角質(皮膚)を剥がしていく作用があります。

それなのでイボの部分を表面からじょじょに剥いでいき、イボが無くなっていくという仕組みになっています。

健康な肌の角質も剥がしてしまうので、絶対に注意書きを見てから使用するようにしてください。

副作用は少ない

イボコロリは説明書どおりに使用すれば、副作用無く安心してイボを取ることができるでしょう。

しかし使用できる場所、使えるイボの種類があります。勝手に判断し使うと副作用が出てしまいます。

イボコロリはウイルス性イボに効果あり

イボコロリが効くのはウイルス性イボのみです。

ウイルス性イボの特徴は1〜2個の大きく硬いイボです。

足のカカトが硬くなる人がいるじゃないですか?あれくらい硬くなります。

その硬いウイルス性イボにイボコロリを塗って、イボの原因となっている角質を除去していきながら、すこしずつイボを取り去っていきます。

老人性イボには使えない

老人性イボの特徴は、手で触ってざらざら・ぶつぶつするイボがたくさんあります。

触っても皮膚のようにぷにぷにとしています。

イボコロリの注意書きには、「老人性イボ・群生したイボには使用しないでください」と書かれています。

イボコロリは3種類

イボコロリは色々な所に使えるようにシリーズ化されています。

塗るイボコロリ

一番定番のイボコロリです。

イボに塗って少しおくと乾いて白い膜が貼ります、そのまま普通に生活していると薬液が浸透し角質を剥がしていきます。

白い膜が剥がれたら塗るのを繰り返し、1日に4回ほど塗り直していきます。

3〜4日続けるとイボが除去できます。

絆創膏のイボコロリ

絆創膏タイプで、軟膏の中に有効成分のサリチル酸が含まれています。

イボのサイズによって丁度いいサイズを選び、2〜3日貼り続けていきます、剥がれたら貼りなおししていきます。

イボが白く柔らかくなるのでピンセット等で、痛くない程度に剥いでいけば除去が完了します。

イボコロリ内服錠

飲むタイプのイボコロリ内服錠です。

成分は「ヨクイニン」を使用されていて、日本国内で販売されている商品の中で、一番配合量が多く効き目があるとされている商品です。

1日3回6錠で合計18錠飲んでいきます。

1ヶ月飲んでみて症状がよくならない場合には、医師に相談して他のイボ治療を考えるのがいいようです。

1ヶ月を超えて飲み続けても症状がよくなる可能性は低いようです。

イボコロリは首イボに使って大丈夫なの?

イボコロリは2つの理由で首イボには使えません。

塗る・貼るイボコロリは首イボへの使用禁止

塗る・貼るタイプは首イボには使用できません。

【イボコロリの注意書き】

  • 首など皮膚の柔らかい部分
  • 群生したイボ
  • 身体に多発したイボ

イボコロリが首イボに使えない理由は、有効成分のサリチル酸は健康な皮膚でも、剥がそうとしてしまうからです。

皮膚が柔らかい首だとこのサリチル酸がよく効くので、皮膚自体が痛んでダメージを受けてしまいます。

群生・多発も同じ理由で、イボだけに薬液を塗ればいいんですが、健康な皮膚にも付いちゃうので使わないようにとされています。

他の注意書きでは「老人性イボにも使用しないこと」と書かれているので、ウイルス性イボであっても首のイボ取りには使うことができません。

イボコロリ内服錠はウイルス性イボには有効

イボコロリ内服錠は首や顔のイボの為に作られた商品です。それなので首イボに有効と言えるでしょう。

しかし首イボの中でも種類があり、ウイルス性のイボに特に有効な商品で、老人性のイボには向かない商品です。

これはメーカーさんに教えてもらったので確かな情報です。

イボコロリ内服錠はちょっと高額で1ヶ月で約6000円ほど(1瓶10日分×3本)です。

1日に3回×6錠を飲むので18錠飲むことになります。

老人性イボには専用のイボ除去クリームがおすすめな理由

市販薬の中で「イボコロリ」と「イボコロリ内服錠」が有力な商品なのですが、老人性イボや首イボには使用することができません。

そんな首イボで悩む人に向けて作られたのが、専用のイボ除去クリームなんです。

イボ除去クリームは色々と種類があるんですが、その中で一番よく売れていて口コミ評価が高いのは「艶つや習慣」です。

売れているというのは本当に取れるということですし、老人性イボの原因を整えつつイボが取れるので、首元がつるつるキレイにどんどんなっていくんですよ。

イボ取りと美容が合わさって一石二鳥になってるんです。

詳しくはこちらでチェックしてみてください。
艶つや習慣プラスの口コミ評判と成分効果をチェック

他にも色々とイボ除去クリームを見たい人は、こちらで失敗しない選び方とランキングを作っているので、よかったら見ていってくださいね。

イボ除去クリームのランキングをみてみる