イボコロリの効果と首や顔イボに使ってはダメな理由

イボケア商品として人気の「イボコロリ」は首イボに効果があるのでしょうか?

残念ながら首イボにイボコロリは使えません。

「塗る・貼るタイプのイボコロリ」を、皮膚が薄い首に使用すると、皮膚を剥がしすぎて肌が荒れてしまいます。

首用商品の「イボコロリ内服錠」があるのですが、老人性イボには効きません。(ウイルス性イボ専用)

顔や首の老人性イボを取りたい人には、イボ除去クリームがおすすめです。

首イボケアクリームの失敗しない選び方

イボコロリとは?どんな効果がある?

薬局で「イボを取る薬をください」と言えば、イボコロリが出てくるほどイボ界では有名な商品です。

製造されている横山製薬さんも、イボに特化されている製薬会社です。

それだけ特化されているので、製品力も高くしっかりとイボを取ってくれます。

有効成分サリチル酸の効果でイボが取れる

イボコロリには有効成分の「サリチル酸」という薬品が含まれています。

このサリチル酸は、皮膚表面の角質を白くふやかす効果があり、ふやかした皮膚ごと、イボを剥がし取ってしまおうというのが、イボコロリでイボが取れる仕組みです。

大きいイボの場合は何度か使用していくので、皮膚の内側が出てしまう場合があります。

健康な肌の角質も剥がしてしまうので、絶対に注意書きを見てから使用するようにしてください。

イボコロリの副作用は少ない

イボコロリは説明書どおりに使用すれば、副作用無く安心してイボを取ることができるでしょう。

しかし使用できる場所、使えるイボの種類があります。勝手に判断し使うと副作用が出てしまいます。

イボコロリは首イボには使用できない理由

イボコロリは2つの理由で首イボには使えません。

塗る・貼るイボコロリは首イボへの使用禁止

塗る・貼るタイプは首イボには使用できません。

イボコロリ公式サイトの注意書きをみてみましょう。

 

 

 

 

イボコロリの注意書きを必要なものだけまとめるとこんな感じです。

  • 首など皮膚の柔らかい部分
  • 群生したイボ
  • 身体に多発したイボ

イボコロリが首イボに使えない理由は、有効成分のサリチル酸は健康な皮膚でも、剥がそうとしてしまうからです。

皮膚が柔らかい首だとこのサリチル酸がよく効くので、皮膚自体が痛んでダメージを受けてしまいます。

群生・多発も同じ理由で、イボだけに薬液を塗ればいいんですが、健康な皮膚にも付いちゃうので使わないようにとされています。

ウイルス性イボであっても首のイボ取りには使うことができません。

 

イボコロリ内服錠はウイルス性イボに有効

首イボように作られた「イボコロリ内服錠」という商品があります。

この商品は首にできたウイルス性を治す為の商品で、老人性イボには効きません。

これはメーカーさんにも確認済みの確かな情報です。

首の老人性イボには専用のイボ除去クリームがおすすめ

首の老人性イボに使えるイボコロリはありません

そんな中、老人性の首イボで悩む人に向けて作られたのが、専用のイボ除去クリームなんです。

イボ除去クリームは色々と種類があるんですが、その中で一番よく売れていて口コミ評価が高いのは「艶つや習慣」です。

イボ除去クリームとは、老人性イボの原因となっている肌代謝を改善と、角質ケアを同時に行い、キレイな肌にしていく商品です。

詳しくはこちらでチェックしてみてください。

艶つや習慣プラスの口コミ評判と成分効果をチェック

他にも色々とイボ除去クリームを見たい人は、こちらで失敗しない選び方とランキングを作っているので、よかったら見ていってくださいね。

イボ除去クリームのランキングをみてみる

まとめ

イボコロリのメーカーさんは、イボに特化されている製薬会社さんなので、いつか老人性イボが除去出来る商品も開発してくれるかもしれませんね。

それまでは、今あるイボ除去クリームを使っておくのがベストかなと思います。