アクロコルドンの原因と自宅ケア方法!イボコロリ使っていいの?

ぶつぶつ、ざらざらとした1〜2mmの小さいイボ「アクロコルドン」

そのアクロコルドンができる原因と、自宅ケア方法についての解説です。イボコロリは場所によって使える、使えないがあるので注意が必要です。

アクロコルドンの原因

アクロコルドンの原因は肌のターンオーバーの乱れです。

肌のターンオーバー周期が乱れてしまい、代謝されるはずの角質が肌に残ってしまいます。

その肌に残った角質が集まって「イボ」となります。

ターンオーバー周期は年齢とともに遅くなっていくものなんですが、

肌ケアをちゃんとすれば角質の代謝がされるので、アクロコルドンも出来なくなっていくようになります。

肌への刺激も原因に

ターンオーバーの乱れを起こす原因には加齢以外にも何個かあります。

  • 太陽光による「紫外線」
  • 服や下着による「擦れ」
  • 「乾燥肌」

アクロコルドンが出来る場所で、おおよその原因は判断できるでしょう。

アクロコルドンの自宅ケア方法

アクロコルドンはイボの中でも小さい部類で、1〜2mmなので自宅でも治すことが可能です。

サイズが大きくなってしまったら、病院での除去が必要となるので、早めのケアが大切なポイントです。

自宅で治す方法のメリットとデメリットを解説していきます。

市販薬の液体イボコロリはNG

液体のイボコロリはイボの除去に有効な商品です。

これはイボの角質を無理矢理剥がして取り去る薬なので、皮膚が薄いと肌を剥がしてしまいます。

それなのでイボコロリは顔や首などの皮膚が薄い所への使用はNGです。注意書きにも記載されています。

アクロコルドンの大きさに塗ろうとすると、周りの健康な皮膚にも塗ってしまい、健康な皮膚を剥がしてしまいます。

アクロコルドンのような小さいイボにはイボコロリは向いていません。

イボコロリの効果と首や顔イボに使ってはダメな理由
イボケア商品として人気の「イボコロリ」は首イボに効果があるのでしょうか? 残念ながら首イボにイボコロリは使えません。 「塗る・貼るタイプのイボコロリ」を、皮膚が薄い首に使用すると、皮膚を剥がしすぎて肌が荒れてしまいます。...

イボコロリ内服錠(ヨクイニン錠)

アクロコルドン(イボ)を治す薬として市販で販売されている「イボコロリ内服錠」です。

イボコロリ内服錠は「ヨクイニン」という有効成分が配合されている薬です。

市販されている薬で、ヨクイニン配合量が多いのがイボコロリ内服錠なので、一番効くのがイボコロリ内服錠ということになります。

イボコロリ内服錠が有効なのは、ウイルス性イボなのでアクロコルドンには効きません。(メーカーさんに確認済みです)

ヨクイニン(ハトムギ)の首イボへの効果とおすすめ商品ランキング
イボケア成分として一番有名なものがヨクイニンです。 日本では薬用として栽培されていているほど、漢方としての有用性が認められており、老人性イボの原因となる、肌ターンオーバーの改善を助け、イボをケアしていきます。 老人性イボに効果的...

イボ除去クリームは顔や首にも使える

イボ除去クリームというスキンケアもあります。

アクロコルドンの原因の、肌ターンオーバーの乱れを正常化する為に、ヨクイニンとあんずエキスが配合されています。

ヨクイニンは口からの摂取はウイルス性イボのみに有効ですが、塗るとアクロコルドンに有効になります。

あとはイボの原因となる角質の為に、「角質ケア」と「保湿」する成分が配合されています。

アクロコルドンをトータル的に取る為に作られたスキンケアなんです。

購入時の失敗しない為のポイントの解説をこちらでしているので、気になる人はチェックしてみてください。

首イボケアクリームの失敗しない選び方

アクロコルドンの皮膚科での治療方法

皮膚科でのアクロコルドンの治療方法です。

医師によっては「まだ小さいから治療する必要ないよ」というような人もいるそうです。

それなので病院選びはちゃんと行う必要があります。

液体窒素で除去

アクロコルドンの除去に液体窒素は向いていません。

液体窒素によってアクロコルドンを凍らせて除去する方法です。

イボだけに液体窒素を付けれればいいんですが、周りの皮膚にも付いてしまい、付着した皮膚は茶色く色素沈着してしまいます。

アクロコルドンの数だけ色素沈着が残り、美白治療しないといけなくなるので、キレイじゃないし費用も高くなってしまいます。

それなのでアクロコルドンに液体窒素治療は向きません。

首イボを液体窒素で治療する時の回数・費用・デメリットまとめ
気になる首イボの病院での除去方法の一つが「液体窒素」を使った方法です。 液体窒素による治療は、保険適用されているので、病院でおすすめされやすい方法です。 その首イボの液体窒素治療の時の、回数、費用、デメリットを解説していきます。...

レーザーで除去

Co2レーザーでイボを削って治療する方法です。

1イボ5000円前後と高額なんですが、副作用がこの価格くらいなのでおすすめの方法です。

治療後2週間ほどが、じゅくじゅく傷→かさぶたとなって、かさぶたが剥がれたら除去が完了となります。

価格も高額になってしまいますし、ただイボを除去しただけで原因の解消が出来ていません。

首イボのレーザー治療の流れと費用やデメリット
首イボを病院で治療方法の中で一番一般的なのが「レーザー除去」です。 首イボを1時間で除去出来て日帰り手術も可能で人気の除去方法で、早く終るのはかなり大きいメリットですが、気になるのは「痛み」と「費用」ですよね。 今回は首...

まとめ

トータル的に考えると、安くてアクロコルドンの原因のケアまで出来る、イボ除去クリームを使うのがおすすめですね。

イボ除去クリームを使ってみてダメだった場合には、病院へ行くという感じでいいかもしれません。